VOD,SVOD,TVOD,ESTの違いについてまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

huluやamazonプライムビデオなどの動画配信サービスが最近話題になっています。
そういった記事でよく目にするのがVODやSVODです。でも一体どういった違いがあるのでしょうか。ここではVODやSVODの概要とサービスの違いについて説明してきます。

VODとは

VODとはVideo on Demandの略です。見たい時に見たい番組を視聴できるサービス全般のことを言います。
パソコンなどで視聴する側が再生ボタンを押すことで映像コンテンツが再生されるならそれはVODといえます。
反対にテレビは放送時間が決まっており、視聴する方がその時間に合わせる必要があります。これらはVODではありません。
このようにVODでは映画やスポーツの大会など映像コンテンツを視聴する人の好きなタイミングで見れることが
最大の特徴です。現在ではVODにもいろいろな課金方式のものが増えていますので紹介していきます。

SVODとは

まずはSVODについて説明してきます。SVODはSubscription Video on Demandの略で
定額制動画配信サービスのことです。
月額料金固定で映画やドラマ・アニメなどが見放題のサービスです。

SVODのサービスとしてはhulu、netflix、他にもAmazonプライムビデオも月額固定料金で動画見放題のサービスです。

TVODとは

つづいてTVODについて説明します。TVODはTransactional Video On Demandの略で
課金型動画配信サービスです。

見たい映画を視聴する度に料金を支払います。レンタルビデオ店などと同じような
ものと考えればイメージしやすいと思いもいます。

TVODのサービスとしてはAmazonビデオやiTuensビデオがあります。
両ビデオサービスともにレンタルと購入と2種類あるのですが、
レンタルの方がTVODとなります。レンタルすると指定された期間は視聴できます。
期間がすぎるとライブラリから削除され視聴が終了となります。

レンタル店と同等の品揃えで最新作も視聴できます。貸し出し中が無いということと
思い立った時に直ぐに視聴できることがとても便利です。
夜中でも雨でも自宅で思い立った時に映画を見れるのは最高です。

ESTとは

最後にESTについて説明します。ESTはElectronic Sell Throughの略で
ダウンロード動画販売サービスです。

こちらはレンタルではなく購入するサービスです。

ESTもAmazonビデオとiTunesビデオの両方にあります。
映画のデータ全てをダウンロードし保存することができます。
もちろん購入しているので視聴期間などはありません。

音楽アルバムをデータだけで購入することができますが、
映画のデータだけ購入するのだとイメージすればわかりやすいと思います。
つまりDVDやBlu-rayのデータだけダウンロードすることになります。

魅力はなんといっても劇場公開間もない作品が自宅で見れること。

まとめ

SVODの定額制動画配信サービスが注目されていますが、
TVODやESTも魅力的なサービスです。
最新作はTVODやESTで視聴し、映画のシリーズものや海外ドラマ・アニメシリーズなどはSVODを活用するというのも動画配信サービスの楽しみ方のひとつです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。